天井

天井トラップ


名称 コスト ダメージ Ark倍率 チャージ 系統値 特性 説明 特殊効果 備考
メガロック 初期 50 0.9 8秒 70 巨大な岩が落下し人間を押し潰す ・貫通 ヒット後は吸い寄せ・コンベアによる移動無効
強化後   1.1 ARK RATE UP
アイアンボール 2500 60 0.8 10秒 80 巨大な鉄球が落下し人間を押し潰す ・貫通
・強制移動4ブロック
・反射2回
 
強化後   LONG RANGE HIT UP
フレアロック 4500 65 0.7 8秒 75
燃え盛る岩が落下し、人間を押し潰して焼く ・貫通
・炎状態
ヒット後は吸い寄せ・コンベアによる移動無効
強化後   CORE HIT UP
スノーボール 4500 20 1.1 9秒 55 巨大な雪玉が落下し人間を巻き込む ・巻き込み  
強化後   1.3 ARK RATE UP
スパイクボール 6000 70 0.7 11秒 90 トゲ付き鉄球が人間を刺し貫き、巻き込む ・巻き込み  
強化後   AERIAL HIT UP
タライ 700 7 2.4 3秒 90 怒り 落下するタライが人間の怒りを誘う ・怒り状態  
強化後   CORE HIT UP
カビン 500 1 1.0 3秒 70 被せ 落下する花瓶が人間の頭にはまり視界を奪う ・強制移動4ブロック ヒット時に向きを補正
強化後   CORE HIT UP
アブラカビン 1500 3
1(油溜まり)
1.0 6秒 65 被せ 油瓶が人間の視界を奪い、油まみれにする ・強制移動4ブロック
・油状態
ヒット時に向きを補正
床の油溜まりは炎系のトラップで引火
強化後   1.2 ARK RATE UP
パンプキンマスク 初期 1 1.0 7秒 65 被せ 落下する巨大かぼちゃが人間の視界を奪う ・強制移動4ブロック ヒット時に向きを補正
強化後   CORE HIT UP
アゴニーマスク 5500 45 0.9 6秒 95 被せ
電気
拷問の仮面で視界を奪い、電撃で苦しめる ・強制移動2ブロック
・電気状態
ヒット時に向きを補正
強化後   1.1 ARK RATE UP
ペンデュラム 初期 45 0.9 5秒 60 天井 振り子状の刃が人間を切りつける ・強制移動3ブロック スイング3回(1往復半)
強打
強化後   AERIAL HIT UP
スイングハンマー 3500 20 0.9 3秒 55 天井 振り子状のハンマーが人間をはね飛ばす ・強制移動4ブロック スイング1回
強打
強化後   1.1 ARK RATE UP
イビルシュート 6000 35 0.8 8秒 66 - 魔神の足が人間を蹴り飛ばす ・壁まで飛ばす
・防御力無視
スイング1回
強打
強化後   1.0 ARK RATE UP
フォールニードル 700 55 1.0 10秒 70 天井 針の生えた天井が落下して人間を突き刺す ・防御力無視 ヒット後は吸い寄せ・コンベアによる移動無効
強化後   CORE HIT UP
クレーン 1000 15 1.7 5秒 85 天井 クレーンが人間を捕らえて放り投げる ・拘束3秒
・強制移動1ブロック
 
強化後   1.9 ARK RATE UP
サーキュラーソー 2000 10 0.5 5秒 75 天井 回転ノコギリが降りてきて人間を切り刻む ・強制移動2ブロック
・4段ヒット
 
強化後   CORE HIT UP
トゥームストーン 3500 44 0.9 8秒 60 墓石が落下して人間を押し潰す   坂に落としても移動しない
強化後   TOMB FINISH UP
イビルスタンプ 6000 50 1.0 10秒 66 - 魔神の足が降りてきて人間を踏みにじる ・防御力無視  
強化後   1.2 ARK RATE UP
メガバズソー 4000 35 0.8 6秒 50 天井 巨大な丸ノコが落下し、さらに地面を転がる ・強制移動2ブロック 強打
強化後   LONG RANGE HIT UP
メガヨーヨー 3000 30 0.6 9秒 50 - 巨大なヨーヨーが転がり回る ・強制移動3ブロック 強打
強化後   JUST KILL UP


  • メガロック
遅い、チャージが長い、ダメージが大きいの典型的な重量トラップ。坂に落とせば転がり、消えるまでの間にプッシュウォールやスプリングフロア、バキュームフロア等のトラップで軌道を変える事が出来る。
なお、メガロックにフレアロックやフォールニードル、倒れる柱(仕掛け)などの「敵を地面に押し潰すトラップ・仕掛け」は、トラップ・仕掛けの判定が残っている間は吸い寄せ・バルマギアのコンベア・パワーアームによる移動を受け付けない。岩系トラップの場合、平地に落としただけならばそれほど問題ではないが、坂やトラップを使って転がした場合は起き上がる(コンボが途切れる)まで持続するので気をつける事。
強化後はARK RATE UPが付き、単純な倍率ではスノーボールに続いて岩系2位。

  • フレアロック
メガロックに炎特性を付けたトラップと言える。油状態の侵入者への着火、スローガスの引火が可能になったが炎無効に当てるとその場で消されてしまう欠点がある。単発のダメージはトラップ全体で見ても上位の部類でARK稼ぎをする際には役立つ。
強化後はCORE HIT UPが付くがコアヒットだけではメガロックの倍率と同じなので他のボーナスも狙いたい所。

  • アイアンボール
通常の動きはメガロックと同じだが、ヒットした侵入者を4ブロック跳ね飛ばす。また、空中にある時スイングハンマーをぶつけるとやたら跳ね回る独特の動きになるなど細かく見ると別物。
なお、重量のあるトラップである上に敵を跳ね飛ばす特性を持っているものの、このトラップを当ててもアーマーブレイクは成立しないので注意。
強化後はLONG RANGE HIT UPが付く。

  • スノーボール
侵入者を巻き込む(複数人可能)特徴があり、転がして当てれば壁まで侵入者を運ぶことができる。またヒット後はマスの中心に補正する効果もあるので次のトラップを当てやすくなる。また巻き込まれている間に当てた仕掛け、トラップはエリアルヒット扱いになる。
なお、平地に落としてから転がす際には問題ないが、侵入者を巻き込んだ状態でさらに転がす場合は、スプリング(スマッシュ)フロアとプッシュウォール以外のトラップを当てるとスノーボールは消滅してしまう。
強化後はARK RATE UPが付き、単純なArk倍率は岩系でトップ。

  • スパイクボール
巻き込む特徴はスノーボールと同じだが、こちらは内部に巻き込むのではなく外側に磔にするようにして巻き込む。その為巻き込み後に解放される位置がやや変わる。
また、外周側に磔にしたまま転がるという性質上、侵入者付きのスパイクボールにトラップを当てた時に、ボールに当たれば磔のまま転がっていくが、侵入者に当たれば磔から解放されてしまうなど、地味に安定しない。
それ以外はダメージが大きい残虐版スノーボールと言った所。強化後はAERIAL HIT UPが付く。

  • タライ
シリーズ初代刻命館より受け継がれているドリフ系トラップの筆頭。短いチャージ時間と高い倍率が特徴。コンボの途中に組み込む事でArk倍率を大きく上げられるので早い段階で狙いたい所。怒り状態となった侵入者はその時に向いている方向へと走り出すが、走り始めた直後まで(=レグリナの方へとターンするまで)はコンボが継続される。移動距離は大体0.5ブロック程度。
強化後はCORE HIT UPが付き、トラップではトップクラスの倍率を出す事が出来る。

  • カビン
初代影牢からのコンボ継続の筆頭。今作では倍率こそ落ちたものの4ブロック強制移動の使い勝手は変わらない。今作ではヒット時に向きを補正する効果が付き、斜めに歩いて行くと言った事は無くなったのでよりコンボの繋ぎ向けになっている。
空中に居る相手にヒットさせると強制的に歩き状態にでき、強引な位置補正等が狙える。強化後はCORE HIT UPが付く。

  • アブラカビン
ヒットした侵入者を油状態にする以外はカビンとほぼ同じ性能。しかしチャージ時間は倍と欠点もある。
また、侵入者にヒットしなかった場合落下位置に油溜まりを作り、踏んだ対象を1ブロック強制移動させ油状態にする。この油溜まりと直接ヒットは強制移動の仕方や距離こそ全く違うものの同一扱い。その為1コンボ中に油溜まりを当ててからアブラカビンを直接ヒットさせると重複扱いと見なされる。
他にも、油樽(仕掛け)と共通の特徴として、床にできた油溜まりに炎系のトラップをヒットさせると、引火して10秒間燃え上がる。最大で20ダメージまで与えることが出来るが、「炎上している1ブロックで足止めし続けなければならない」「油溜まりに引火させられるトラップがヘルファイアーとフレアロック位しかない(油樽ならばホットプレートやブラストボムでも可能)」「マグマの床や炎状態によるダメージと同じく、Ark計算に影響しない」といった欠点があり、あまり実用的ではない。
強化後はARK RATE UPが付き、単純な倍率はカビン系でトップになる。

  • パンプキンマスク
性能としてはカビンより範囲が若干大きいと言う利点があるが、チャージ時間は倍以上と言った欠点を持つ。
また、エリアルヒットさせた場合他のカビン系と違ってその場で消滅してしまい、歩き状態にする事はできない(起動ブロックに撃ち落とす)。強化後はCORE HIT UPが付く。

  • アゴニーマスク
強制移動の距離が半分になったものの、カビン系で最大のダメージを持つ。また電気特性を持つので水路に落とすと通電を発生させる事ができる。それ以外の特徴はほぼカビンと変わらない。強化後はARK RATE UPが付き、カビン系では2位、残虐トラップ全体から見ても上位の倍率となる。

  • ペンデュラム
パッケージイラストに起用されるなど今作の象徴とも言えるトラップ。本体の判定は細いがスイングが3回あるのでかなり長い時間残る事になる為、意外な所で侵入者にヒットしたりする。逆もしかりで起動中のペンデュラムにはうかつに近づかないようにしたい。
スイングハンマー等と違い、岩系トラップを転がしたりすることはできない。
また、ペンデュラムの様なスイング系のトラップは設置画面の範囲より実際は広い範囲を持つ。

    □□□ 
 設置画面では3ブロック

    ■□□□■
 実際の判定範囲は5ブロック(黒マスの分は高さがあるのでそのままではヒットしない)

とはいえそのままでは高さの都合上当たる事は無い。階段や段差の上に居る場合や空中に居る侵入者に対して狙う事になる。逆に黒マスの範囲に設置した別のトラップをペンデュラムが消してしまう事もあるので注意。特に岩・カビン系トラップの場合に起こりがち。
強化後はAERIAL HIT UPが付く。ヒューマンキャノンと合わせると簡単に取る事ができる。

  • スイングハンマー
スイング1回になったものの、ペンデュラムよりもスイング速度は速く下への判定も広いので、仕掛けた位置の両隣のブロックで倒れている侵入者にもヒットさせる事ができる。その他岩系トラップに当てる事で転がす事ができる。
こちらはペンデュラムと違い起動直後の判定は無く、ハンマーを振り切った直後までの判定がある。

    □□□
 設置画面では3ブロック

    □□□■
 実際の判定範囲は4ブロック(黒マスの分は高さがあるのでそのままではヒットしない)

黒マスのブロックに岩系トラップを設置し、スイングハンマー→岩系トラップと連続起動する事で空中に高く打ち上げる事が出来る。
強化後はARK RATE UPが付く。

  • イビルシュート
スイングハンマーの飛距離を壁までに変えたようなトラップ。また、防御無視の特性があるので侵入者の防御に関係なく一定のダメージを与えられるのも利点。
つま先から足の裏辺りまでが主なヒット判定であり、脛や足の甲部分では当たっているようで当たらないと言った事も多い。最も強い判定はつま先。
その他に岩系トラップを転がした際、スイングハンマーよりも高速で転がす事ができる。設置範囲と実際の範囲に関してはスイングハンマーとほぼ同じ。気持ちこちらの方が振り切った後の判定時間が長いかと言った所。強化後はARK RATE UPが付く。

  • フォールニードル
防御無視で高めのダメージと落下速度の速さが特徴のトラップ。
ヒット後、トラップが天井に上がるまでの間吸引による引き寄せやパワーアーム等による移動を無効化してしまう欠点がある。この間に侵入者は起き上がるのでコンボ維持の時間は自然と短めになる。
強化後はCORE HIT UPが付く。

  • クレーン
空中に拘束した後指定した方向へ1ブロック放り出す。倍率も高めなのでコンボの繋ぎに向き、拘束中に別のトラップを当てればエリアルヒットは確定で、コアヒットもほぼ確定で取れる。欠点は倒れている侵入者にはヒットしない事か。
強化後はARK RATE UPが付く。

  • サーキュラーソー
最初の3ヒットは侵入者をその場に拘束し、最後のヒットで指定方向へ2ブロック移動させる。単体でマルチヒットが取れるトラップの一つだが、2ヒット以降は重複扱いになるので結果的に獲得Arkは下がる事が多い。
タイミングを計れば最後の1ヒットだけ当てて2ブロックの強制移動トラップとして使う事も出来る。
強化後はCORE HIT UPが付く。

  • トゥームストーン
岩特性の中で唯一転がす事が出来ないトラップ。その真価は止めを刺した際に発生するTOMB FINISHボーナス。強化後にジャストキルと合わせると2.9倍と言う高倍率を出す事が出来る。のだが今作ではダメージの方が重視されるので同じジャストキルでもギロチンの方が最終的にはスコアが上になってしまう
全盛期の倍率が戻ってくれば・・・

  • イビルスタンプ
無属性の為無効化されず、防御無視で高めのダメージを安定して出せるのが売り。
判定が強めで、踏みつけている間は転がっている岩系トラップや、吹き飛んで来た侵入者をぶつけて止めるストッパーとしても使う事が可能。欠点はチャージ時間が長めな事か。強化後はARK RATE UPが付く。

  • メガバズソー
丸のこが落ちてきて指定した方向へ転がる。障害物にぶつかるとその時点で消えるが、樽の仕掛けを転がす事は可能。
侵入者にヒットした位置から2ブロックの移動となるので、設置画面の目安を鵜呑みにしない事。また、転がって移動する為段差を超える事はできない(段差の上からなら転がって行くが、慣性によって高い段差の真下に居る侵入者にはヒットしない)。
強化後はLONG RANGE HIT UPが付く。移動速度も速めなので比較的狙いやすい。

  • メガヨーヨー
起動ブロックに落ちてきた後地面を3ブロック転がる。所謂ヨーヨートリックの一つである「犬の散歩」の動きをすると思えば良いか。
屈辱トラップの中で唯一の強打持ち。転がる速度も速めなため、コンボの繋ぎにも重宝する。
強化後はJUST KILL UPが付く。・・・のだが、屈辱トラップとしてはトゥームストーンと言う大きな壁があるので今一つ恩恵は薄い。

  • 最終更新:2014-07-20 21:13:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード